岩手県立大船渡病院

眼科

眼科のご案内

 診療内容

 当院眼科では、眼科常勤医師1名、視能訓練士3名、外来看護師1名、看護補助者2名、医療クラーク1名にて外来診療を行い、入院診療は5階東病棟にて行っております。

  主な疾患は、低出生体重児の未熟児網膜症、乳幼児は斜視・視力障害(遠視・近視・弱視等)、若年性はアレルギー性結膜炎、ドライアイ、コンタクトレンズ処方、高齢者は白内障、緑内障、網膜静脈閉塞症、糖尿病網膜症などありますが、年齢に関係なく各種外傷(眼球打撲、眼窩底骨折、角膜異物等)も多くあります。また、全身疾患に伴うぶどう膜炎(サルコイドーシス、ベーチェット病等)や視神経疾患(多発性硬化症、頭蓋内疾患による視野異常等)、甲状腺眼症、膠原病関連疾患などもあり、他科の先生方とも連携が必要なこともあります。

  手術は、白内障、翼状片、眼瞼内反症、眼瞼腫瘍、網膜裂孔、網膜光凝固術等を行っております。また、加齢黄斑変性や網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫、糖尿病性黄斑浮腫等に対し硝子体内注射も行っております。

 


 診療スケジュール

 

午 前

 

 

1診

福田 

福田 一央

(完全予約)

福田 

福田 

2診

午 後

 

 

1診

福田 一央

(完全予約)

福田 

福田 一央

(完全予約)

2診

・毎週火曜日は、医師が不在のため休診となります。

休診についてはこちらをご確認お願いいたします。


 診療医師

氏名、役職、卒業年 所属学会 認定資格、専門分野

福田 一央
(眼科長)

日本眼科学会

【専門分野】

緑内障

佐藤 潤弥

(眼科医師)

日本眼科学会

 


 

診療実績 

術式 件数
水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 141件
後発白内障手術 42件
網膜光凝固術(通常) 26件

 (更新年月日 令和4年5月20日)

↑上に戻る