岩手県立大船渡病院

研修医ダイアリー

令和5年度年末年始診療体制のお知らせ

年末年始の診療体制について、下記のとおりとなりますので、ご了承願います。
なお、急患等については、救命救急センター外来にて随時診療いたします。

詳細は下記をご確認ください。

 

 

 

面会禁止のお知らせ

入院患者さんへの面会について、令和5年10月16日より「面会制限」としておりましたが、インフルエンザの流行拡大に伴い、令和5年12月11日より「面会禁止」とします。

詳細は下記をご確認ください。

 

 

臨床能力向上セミナー

11月10日(金)・11日(土)の2日間、2年次研修医が臨床能力向上セミナーに参加してきました。

臨床能力向上セミナーとは…岩手県内の2年次研修医全員が集合し、手技とACP(アドバンス・ケア・プランニング)について学ぶものです。

今年度は岩手県内62名の2年次研修医が参加しました。

 

手技では外科的気道確保、腹部・心エコー、エコー下CVについて各病院の指導医と臨床検査技師さんから説明を受けながら取り組みました。

実施後は一人一人に評価をいただき、今後の診療に活かすことができるようになっています。

 

 

ACPセミナーでは人生の最終段階を迎えた本人や家族などと医療・ケアチームが、合意の基に最善の医療・ケアの計画を作成することの重要性とそのプロセスを学ぶことを目的としています。

グループディスカッションや、事例をもとに医療者と患者・家族の役割分担をしてロールプレイを行いました。

講師として県内各病院・訪問看護ステーションの看護師や管理栄養士、医療社会事業士にも参加いただきました。

多職種からの様々な意見を聞くことができ、理解が更に深まったようです。

 

 

久しぶりに再会した同期との交流も盛り上がり、充実した2日間となりました。

ご指導・ご協力いただいた講師・スタッフのみなさん、ありがとうございました!

令和5年度気仙地域県立病院運営協議会を開催します

岩手医大5年生 地域医療臨床実習

10月2日から4週間、岩手医大5年生4名が当院で地域医療臨床実習を行いました。

院内での診療科実習のほか、県立高田病院、介護老人保健施設や保健所での実習も行い、最後の実習報告会では中身の濃い発表で、気仙地域について多く知ってもらえたようでした。

数年後、一緒に働けることを楽しみにしています!

 

 

~お知らせ~

令和6年度採用研修医の2次募集を行っています。

興味のある方はお問い合わせください!

令和6年度初期臨床研修医2次募集のお知らせ

令和6年度初期臨床研修医2次募集を行っています。

募集要項につきましては、「臨床研修のご案内」→「募集要項」からご確認ください。

令和5年度のインフルエンザ予防接種について

令和5年度のインフルエンザ予防接種を下記のとおり行います。

 

面会制限についてのご案内

入院患者さんへの面会について、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、令和5年6月26日より「面会禁止」としておりましたが、地域の流行状況を鑑み、令和5年10月16日より「面会制限」へ変更いたします。

詳細は下記をご確認ください。

面会制限についてのご案内

久留米大学病院 選択被災地研修

当院では、久留米大学病院から毎年数名の研修医を受け入れています。

今年度は3名の先生が当院で研修を行う予定となっています。

9月は、元気で行動力のある男性の先生が研修に来てくれました。

 

先日、1ヶ月の研修成果の発表を行いました。

自己紹介からはじまり、

どうして大船渡での研修を希望したか

どんなことを経験したか

休日はどんなことをしたか等…

たくさんの写真を使いながら発表してくれました。

・大学病院と市中病院の違い(救急当直での症例など)を感じたこと

・被災した地域に足を運び、当時の写真と見比べて津波の恐ろしさを感じたこと

・鹿が「こんなに間近で!」と驚くほど近くにいたこと

・勤務後のフットサルで院内の職員とふれ合って輪が広がったこと

・釣り船で沖に出て79cmのスズキを釣ったこと

・カキフライがとてもおいしかったが、ホヤの刺身はどうしても得意になれなかったこと

 

1ヶ月という限られた期間でしたが、様々なことを経験できたようでよかったです。

当院の研修医にとっても、楽しい1ヶ月になりました。

 

大船渡に来てくださり、ありがとうございました。

これからも元気でがんばってください!

入院及び紹介患者受け入れの制限等の解除について

令和5年9月7日(木)から全診療科の入院及び紹介患者の受け入れを制限させていただいておりましたが、令和5年9月21日(木)より全ての制限を解除いたします。

ご協力いただきました関係機関の皆様に、心から感謝申し上げます。

今後ともよろしくお願いいたします。

↑上に戻る