岩手県立大船渡病院

文字サイズ:
0192-26-1111
〒022-8512 岩手県大船渡市大船渡町字山馬越10-1

各診療科のご案内

診療受付時間

診療科によって異なります。
詳細は診療案内をご覧ください。


医療関係者の方へ
病院のご案内
臨床研修 採用情報
岩手県立大船渡病院
〒022-8512
岩手県大船渡市大船渡町字山馬越10番地1
TEL 0192-26-1111(代表)
FAX 0192-27-9285
HOME » 各診療科のご紹介 » 産婦人科

産婦人科のご紹介

診療内容

 当科は1.周産期医療 2.婦人科診療 3.婦人科治療・手術 を中心に、診療を行っています。

周産期医療について

助産外来・すこやか助産外来・すくすく助産外来 地域周産期母子医療センターの一つとして、ハイリスク分娩・ローリスク分娩に対応しています。また、周辺地域(釜石市・遠野市など)からの救急搬送や紹介を受け入れています。岩手県沿岸南部地域(気仙医療圏)の唯一の出産施設として、里帰り分娩にも対応しています。また、日本周産期・新生児医学会の修練施設として認定を受けており研修施設としても機能しています。

婦人科診療について

当院は日本婦人科婦人科学会専門医を育成する修練施設として学会より認定を受けています。また、婦人科悪性腫瘍(子宮がん・卵巣がん)の手術治療もおこなっております。

婦人科一般治療・手術について

子宮筋腫や卵巣腫瘍、子宮脱等の手術を行っています。また、内視鏡手術にも積極的に取り組んでおり、日本産婦人科内視鏡学会技術認定医の指導体制にあります。

生殖医療について

基本的な検査は施行しています。治療については専門の医療施設に御紹介いたします。

助産外来について

当院で妊婦健診を受けているすべての妊婦さんは助産外来を受けることができます。また、産後2週間健診(すくすく外来)で育児・母乳のケアを受けることができます。

遠隔医療について

岩手県南沿岸南部地域は出産可能な産婦人科施設が少ない産婦人科医療過疎地域であるため妊婦遠隔医療をおこなっています。特に産婦人科医療機関のない遠野市と遠隔妊婦健診をおこない遠距離通院回数を緩和する取り組みをおこなっています。


 

診療スケジュール

産婦人科外来

 
午前 1診 常勤医師(金杉知宣、竹下亮輔、田中詩乃、佐藤貴紀、佐々木史子、阿部真璃奈が交代で診察)
2診

3診

妊婦健診(同上)

  

 助産外来

 
午後 完全予約  すくすく助産外来

助産外来

すこやか助産外来 

助産外来

すくすく助産外来 

胎児エコー

(第3週 完全予約制)


診療医師

氏名・役職 所属学会 認定資格・専門分野

 金杉 知宣
(第1産婦人科長)

日本産婦人科学会

日本周産期・新生児医学会

日本遺伝カウンセリング学会

日本超音波学会

日本産婦人科内視鏡学会

日本女性医学学会

日本母体救命システム普及協議会

日本産科婦人科学会 専門医・指導医

日本遺伝カウンセリング学会 臨床遺伝専門医

日本周産期・新生児医学会 母体・胎児専門医

NCPR(新生児蘇生法) 専門コースインストラクター

日本母体救命システム普及協議会(J-CIMELS)ベーシックコースインストラクター

【専門分野】

周産期、胎児超音波診断学、臨床遺伝学、産科救急

竹下 亮輔

(第2産婦人科長)

 

日本産科婦人科学会専門医

日本産科婦人科内視鏡学会 技術認定医

【専門分野】

婦人科内視鏡、産婦人科一般

 田中 詩乃
(周産期医療科長)

日本産婦人科学会

日本周産期・新生児医学会

日本女性医学学会

日本東洋医学会

日本抗加齢医学会

日本産科婦人科学会専門医

【専門分野】

産婦人科一般

佐藤 貴紀

(産婦人科医長)

編集中

編集中

阿部 真璃奈

(産婦人科医師)

編集中

編集中


 

診療実績

準備中


 

その他

里帰り分娩の患者さんをご紹介いただく医療機関様、里帰り分娩を希望される妊婦の方へ

 

里帰り分娩を希望される方は事前に産婦人科外来へお電話をいただくようお願いします。

電話受付時間:14:00~16:00

 

当院では以下の約束事をお願いしたうえで、里帰り分娩を受け入れています。

 

・新型コロナウイルス感染拡大防止のため、他県または気仙圏域以外(大船渡市・住田町・陸前高田市・釜石市・遠野市以外)から当院へ里帰り分娩を希望される妊婦さんには帰省後2週間程度、自宅等での健康観察をお願いしています。

・産後1ヶ月健診が終わるまでは他県または気仙圏域以外の方との面会を控えていただくようお願いいたします。

・妊娠経過が順調な方は遅くとも妊娠34週までに必ず転院し、当院で妊婦健診を受けてください。それ以外の方(糖尿病、双胎、前回帝王切開、骨盤位、合併症等)は、妊娠32週までに転院し、当院での妊婦健診を受けてください。妊娠35週以降での里帰り分娩をお受けできない場合があります。また、妊娠中の経過や合併患者によっては、当院で分娩対応出来かねることがあります。

【当院で分娩予約する方は以下の手続きをお願いします】

① かかりつけ医療機関での最終の妊婦健診後に紹介状の作成を依頼してください。

②  紹介状(検査データ含む)作成後、速やかに当院患者総合支援センター宛に郵送してください。

※封書の表書きに『里帰り分娩希望』と必ず明記してください。

※かかりつけ医療機関からの紹介状は開封しないようにしてください。

※ご自身で用意した大きめの封筒に紹介状の封筒と別紙1『里帰り分娩申込書』を記入のうえ、同封してください。

③  紹介状が届き次第、分娩対応が可能かどうか電話連絡しますので、帰省せずにお待ちください。電話にて予約日時について説明いたします。

 なお、里帰り分娩のため帰省した後は帰省先周辺でお過ごしください。

 受診日当日は説明等に時間を要するため、待ち時間が長くなることがありますが、ご了承ください。

【里帰り分娩申込先】

022-8512

岩手県大船渡市大船渡町字山馬越10-1

岩手県立大船渡病院 患者総合支援センター(地域医療福祉連携室)

TEL 0192-26-1111

FAX 0192-27-7170

※里帰り分娩申込書(別紙1)はこちら

 

県立大船渡病院へ里帰り分娩を希望される妊婦さんへ

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、県内外問わず当院へ里帰り分娩を希望される妊婦さんには帰省後2週間程度、自宅等での健康観察をお願いしています。2週間の自宅待機期間中に、自宅で胎児の健康状態と子宮収縮を記録し病院へ送信するサービス(オンライン胎児モニタリング)を行っております。

貸出しできる機器の台数に制限がありますが、希望される方は県立大船渡病院産婦人科までご連絡をお願いします。

 

 

両親学級について

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、両親学級が中止となっています。

 そこで、少しでも不安を少なくできるよう、タブレットを使用した当院のオリジナル動画で受講できるようになりました。

 

 ☆自然分娩 ~入院から分娩、退院までの流れ~

 ☆自然分娩 ~呼吸法~

 ☆帝王切開 ~入院から退院まで~

 

 対象は、当院で分娩予定で、妊娠34週以降の方です。(34週の妊婦健診時にご案内いたします。)

 それ以外でご希望の方は、妊婦健診時に助産師にご相談ください。

 

入院準備チェックリスト

 当院でお産をされる方用に「入院準備チェックリスト」を作成しました。本リストを印刷し、確認にご利用ください。

 ※入院準備チェックリストはこちら

 

妊婦のインフルエンザワクチン接種について

 妊婦の方へのインフルエンザワクチン接種についてお知らせです。

 妊婦のインフルエンザワクチン接種について(PDF)


                       (更新年月日:令和3年4月7日) 

  • 患者相談室
  • 診療科のご案内
  • 各部門のご案内

▲上に戻る