岩手県立大船渡病院

文字サイズ:
0192-26-1111
〒022-8512 岩手県大船渡市大船渡町字山馬越10-1

部門のご紹介

※科によって異なる場合があります。
 詳細は診療のご案内をご覧ください。

医療関係者の方へ
病院のご案内
臨床研修 採用情報
岩手県立大船渡病院
〒022-8512
岩手県大船渡市大船渡町字山馬越10番地1
TEL 0192-26-1111(代表)
FAX 0192-27-9285
HOME » 各部門のご紹介 » 臨床検査技術科

臨床検査技術科

採血や検尿をしたことはありますか?その検体の先にあるのが臨床検査です。

臨床検査技術科では、患者さんから採取された血液や尿を分析し、感染症の原因となる病原体や異常細胞の有無などを検索するほか、心電図や脳波、超音波検査など患者さんの身体内部の状態を検査して、医師にそのデータを提供して診断を補助します。

 

 

生化学・免疫血清検査

患者さんから採取した血液の成分を化学的に分析します。生化学的検査では、コレステロールなどの脂質、血糖やヘモグロビンA1cなどの糖質、肝機能や腎機能、尿酸や鉄、ビタミン、ホルモンなど、血液中の様々な成分を検査し異常がみられないか調べます。免疫血清検査では、B型肝炎やC型肝炎、梅毒やHIV(エイズ)などの感染症の他、甲状腺機能、また癌などの診断や治療に有効な腫瘍マーカーなどを調べます。


  • 血糖自動分析装置

  • 免疫自動分析装置

 

血液検査

血液中には赤血球、白血球、血小板など様々な血球が存在します。血液検査では、赤血球やヘモグロビンの数値から貧血の有無を、白血球の数から炎症の程度を調べます。血液標本を顕微鏡で観察することで、血球の形態から白血病などの血液の異常を発見します。他、血液疾患の診断・治療等に重要な骨髄検査や、出血や止血に関わる凝固機能検査も行っています。


  • 血液像:血液中の血球を観察します

  • 骨髄像:骨髄中の細胞を調べます

 

一般検査

主に尿検査を行っています。尿中にタンパク質や糖分などが出ていないか調べる定性検査と、細菌や細胞などの有形成分を確認する尿沈渣検査があり、腎臓や膀胱などの状態を評価します。他にも便検査(便潜血など)、髄液検査、胸水や腹水の成分を調べる体液検査などがあります。


  • 尿定性・沈渣自動分析装置

  • 顕微鏡での尿沈渣検査

 

輸血関連検査

血液型検査並びに輸血や手術の準備として不規則抗体や交差試験などを行っています。また、輸血のための血液の確保や準備も行っています


  • 全自動輸血検査システム

  • 血液製剤と専用の搬送バッグ

 

細菌検査

尿、便、喀痰、血液、膿などを検体として、感染症の原因と考えられる微生物(細菌など)を調べます。また検出された細菌に対して抗菌薬(抗生物質)が有効かどうか(薬剤感受性)も調べます。このほか結核菌、非結核性抗酸菌などの抗酸菌検査や、アデノウィルスやノロウィルスなどの迅速検査を行っています。細菌検査部門では感染制御室と連携をとりながら、耐性菌等の検出状況や集団発生の監視など院内感染対策にも取り組んでいます。


  • 顕微鏡で微生物を観察します

  • 様々な培地を使って菌を同定します

  • 肺炎球菌

  • 結核菌

 

生理検査

患者さんの身体に検査器具を装着して、診断に必要な情報を得る検査です。循環機能、肺機能、聴力、脳波など体の様々な生理機能を調べます。当院では超音波検査も行っています。超音波検査では肝臓や腎臓などの臓器、血管に異常がみられないか、心臓の機能評価などを行っています。


  • 聴力検査

  • 超音波検査

 

病理検査

病理検査は細胞診と組織診の2つがあります。細胞診検査では、細胞検査士の資格を持った臨床検査技師が、喀痰、尿、胸・腹水、搾過あるいは注射針で吸引した検体から異常な細胞の有無を調べています。組織診検査では、内視鏡検査や手術で採取された組織から、良悪性の鑑別の他、炎症や感染症の有無、悪性細胞の拡がりなどを検索しています。さらに、テレパソロジー(遠隔病理診断)システムにより、他施設の手術中の迅速診断も行われています。

 

精度管理

検査結果の精度保証のため、日常的な内部精度管理に取り組むとともに、外部精度管理として日本医師会および日本臨床衛生検査技師会、県医師会、県技師会や各メーカーの精度管理調査に参加しています。

 

地域連携

気仙管内の県立病院(高田病院、住田地域診療センター)とともに検査精度を確認し、共有しています。また、業務応援も行って、連携しています。

 

 

 臨床検査技術科からのお知らせ ~検査説明~

 

当検査科では、患者さんの要望があれば、検査に関する質問等をお受けしています。(無料相談)

 

 検査項目ごとの目的や数値に関すること、検査内容に関することなどについて、検査技師が説明を行っております。なお、説明は対面で行っていますので、電話等でのお答えはしていません。また、診療に関わることはお答えできませんのでご了承ください。

 検査説明のご相談は、院内の各診療科の窓口、または看護師等の医療スタッフにお申し出下さい。

 説明場所や時間についてもその都度相談のうえ、相談場所を確保し、診療時間内であればできるだけ希望に沿った時間で対応いたします。

 どうぞお気軽にご利用ください。

 

 

(更新年月日 令和2年2月6日)

  • 患者相談室
  • 診療科のご案内
  • 各部門のご案内

▲上に戻る