岩手県立大船渡病院

文字サイズ:
0192-26-1111
〒022-8512 岩手県大船渡市大船渡町字山馬越10-1

臨床研修

※科によって異なる場合があります。
 詳細は診療のご案内をご覧ください。

医療関係者の方へ
病院のご案内
臨床研修 採用情報
岩手県立大船渡病院
〒022-8512
岩手県大船渡市大船渡町字山馬越10番地1
TEL 0192-26-1111(代表)
FAX 0192-27-9285
HOME » 臨床研修のご案内 » 新専門医制度に係る「専門研修プログラム」の公表について

新専門医制度に係る「専門研修プログラム」の公表について

新専門医制度について

平成30年度開始予定の新専門医制度について「一次審査」を通過したプログラムを公表します。

掲載している専門研修プログラムは、各領域学会による一次審査を通過したものであり、日本専門医機構等による二次審査を踏まえて掲載内容が変更・修正となる可能性があることをご了承ください。

各領域学会のホームページも併せてご覧ください。

 

『岩手県立大船渡病院』が基幹施設となる新専門医制度プログラム
領域名基幹施設名プログラム名称

小児科

岩手県立大船渡病院

復興岩手小児科専攻医プログラム

 

『岩手県立大船渡病院』が連携・関連施設となり、他院から受け入れるプログラム
領域名基幹施設名プログラム名称

総合診療

岩手医科大学附属病院

岩手医科大学総合診療専門養成プログラム

内科

岩手医科大学附属病院

岩手医科大学内科専門研修プログラム

岩手県立中央病院

岩手県立中央病院内科専門研修プログラム

外科

東北大学病院

東北大学病院 外科専門研修プログラム

岩手医科大学附属病院

岩手医科大学外科専門研修プログラム

岩手県立中央病院

岩手県立中央病院外科専門研修プログラム

脳神経外科

岩手医科大学附属病院

岩手医科大学脳神経外科専門研修プログラム

整形外科

岩手医科大学附属病院

岩手医科大学整形外科専門研修プログラム

産婦人科

岩手医科大学附属病院

岩手医科大学産婦人科専門研修プログラム

岩手県立中央病院

岩手県立中央病院産婦人科専門研修プログラム

小児科

岩手医科大学附属病院

岩手医科大学附属病院小児科専攻医プログラム

眼科

岩手医科大学附属病院

岩手眼科専門研修プログラム

泌尿器科

岩手医科大学附属病院

岩手医科大学泌尿器科専門研修プログラム

救急科

岩手医科大学附属病院

岩手医科大学附属病院救急科専門研修プログラム

病理診断科

岩手医科大学附属病院

イーハトーヴ病理専門研修プログラム

 

応募資格

1.募集について

〈応募資格〉

 平成30年3月に2年間の初期臨床研修を修了予定の者

〈専攻医登録期間〉

 平成29年10月15日~平成29年11月15日

〈研修期間〉

 3年

〈採用時期〉

 平成30年4月1日

2.認定施設

日本外科学会専門医修練施設、日本周産期・新生児専門医認定施設、日本脳卒中学会専門医研修教育病院、日本循環器学会認定循環器専門医研修施設、日本泌尿器科専門医教育施設、日本整形外科学会認定医研修施設、日本眼科学会専門医制度研修施設、日本産科婦人科学会専門医制度専攻医指導施設、日本臨床細胞学会教育研修施設、日本病理学会研修登録施設、日本がん治療認定医機構認定研修施設、日本精神神経学会精神科専門医研修施設、救急科専門医指定施設、日本呼吸器療法医学会呼吸療法専門医研修施設

3.処遇について

〈身分・待遇〉

 ①身分は岩手県職員とする。

 ②勤務時間は1日7時間45分(8:30~17:15)、1週38時45分とする。

 ③宿日直あり。

 ④給与は、年額1,000万円程度。(月額基本給30万円程度、他に時間外勤務手当及び宿日直手当等の諸手当あり、賞与年2回)

〈休暇〉

 年次有給休暇、特別休暇(夏季休暇等)あり。

〈院内保育所〉

 24時間保育所あり。

〈年金・健康保険〉

 地方職員共済組合に加入し、公務災害制度が適用される。

〈健康管理〉

 年2回実施。

〈医師賠償責任保険〉

 病院加入。

〈学会等への参加〉(年額上限)

 学会旅費18万円、学会参加費3万円、文献検索費1万円、学会スライド作成費等3万円

4.問い合わせ先

〒022-8512 岩手県大船渡市大船渡町字山馬越10-1

岩手県立大船渡病院 事務局

TEL 0192-26-1111  FAX 0192-27-9285

E-mail  EA1002@pref.iwate.jp

担当:事務局次長

  • 患者相談室
  • 診療科のご案内
  • 各部門のご案内

▲上に戻る