岩手県立大船渡病院

文字サイズ:
0192-26-1111
〒022-8512 岩手県大船渡市大船渡町字山馬越10-1

部門のご紹介

※科によって異なる場合があります。
 詳細は診療のご案内をご覧ください。

医療関係者の方へ
病院のご案内
臨床研修 採用情報
岩手県立大船渡病院
〒022-8512
岩手県大船渡市大船渡町字山馬越10番地1
TEL 0192-26-1111(代表)
FAX 0192-27-9285
HOME » 各部門のご紹介 » CEセンター

CEセンター

 当院のCEセンターでは4名の臨床工学技士が常勤し業務に当たっております。ここで「臨床工学技士って、どんな仕事をしているの?」と思った方も数多くいらっしゃると思います。我々、臨床工学技士は比較的新しい資格であるとともに、看護師など他の医療職種と比べ患者さんと接する機会が少なく、認知されにくい職種であります。ここでは臨床工学技士の紹介と当院での活動内容を紹介したいと思います。

 

 

臨床工学技士の紹介

 近年の高度最先端医療は、医学と科学技術が高度に融合した臨床工学の発展に伴い、より精密に、より複雑に進化している医療機器なしには成り立たないと言われています。これら医療機器の操作、管理には医学的な知識のみならず工学的な知識と技術をもつ専門の技術者が必要となり臨床工学技士が誕生しました。
 具体的には1987年に制定された臨床工学技士法に基づく資格であり、多数ある医療職種の中で初めて工学を標榜した(医学だけではなく工学も学んでいると公然と示した)国家資格です。
 また、もう一つの特徴としては「臨床工学技士は、その業務を行うに当たっては、医師その他の医療関係者との緊密な連携を図り、適正な医療の確保に努めなければならない。」と法律で初めて「チーム医療」に関して謳われている(記載されている)職種でもあります。

 

 

当院での業務内容

(1) 臨床技術提供業務

 医療機器を使用する際に臨床工学技士の専門的な技術を必要とするもので、最も複雑に高度化した生命維持管理装置の操作、管理を医師の指示のもとに行っています。

 

(2) 臨床技術提供

    • 各種血液浄化療法関連装置
    • 心臓カテーテル検査、治療補助
    • 人工呼吸療法関連装置
    • 体外式・植込み型ペースメーカー
    • 補助循環装置(PCPS、IABP)

 

 

(3) 医療機器管理業務

    • 医療機器の購入、運用、廃棄に関するライフサイクルの中央管理
    • 医療機器中央管理による過剰整備の抑制、効率的な運用、稼働率の向上
    • 医療機器、診療材料の統一、整理によるスケールメリットを活かした診療材料費の削減
    • 使用時のアラーム・トラブル対応
    • 医療機器の整備、使用に関する医療安全対策の検討、実施
    • 院内修理、点検による修理点検コストの低減

 

(4) 中央管理機器

    • 輸液ポンプ
    • シリンジポンプ
    • 人工呼吸器
    • 生体情報モニター
    • フットポンプ
    • 除細動器(AEDを含む)

 

 

 

CE教育業務

 通常、実際に各種医療機器を使用するのは、医師、看護師が主であります。医療機器を効率的かつ安全に使用するには、使用者である医師、看護師が十分に習熟した上で適正に操作する必要があります。これを確実に行うためには臨床工学技士による各種医療機器の原理、構造、操作及びトラブル対応についての教育が必要であるため、定期的な講習会または病棟単位の勉強会を行っています。

 また、人工呼吸療法の安全対策として、人工呼吸療法サポートチーム(RST)の活動を通し、病棟ラウンド時のOJT、呼吸療法安全管理セミナー、病棟別研修を積極的に開催し知識、技術の周知に努めています。

 

 

院内勉強会開催

    • 看護科新人オリエンテーション
    • 輸液ポンプ/シリンジポンプ勉強会
    • 心臓カテーテル検査、治療勉強会
    • 補助循環装置(PCPS、IABP)勉強会
    • 特殊血液浄化(CHDF)勉強会
    • 体外式ペースメーカー勉強会
    • 人工呼吸器勉強会(RST活動の一環として)

 

 

今年度の取り組み

    • 医療機器に対する医療安全対策の充実
    • 各病棟の生体情報モニター(セントラルモニター、ベットサイドモニター等)の整備
    • 県立高田病院、住田地域診療センターへの業務支援
    • 医療機器安全対策に関する研修会の充実

 

 

おわりに

 臨床工学技士の業務は多種多様であるため、患者さん、医療従事者、医療機器、医療施設を対象に様々な場所、場面で業務を行う可能性があります。そのため、医学、工学の幅広い知識が必要なのはもちろんのこと、他職種との良好な信頼関係を築く能力も必要とされます。
 現在は3名しか勤務していませんが、今後も、臨床工学技士の必要性を理解していただくように努力し、増員によるCEセンターの体制充実を図りたいと考えています。
 これからも、患者さん、関係各部署のご理解、ご協力を得ながらチーム医療の一員として、患者さんに「安心で安全な医療」を提供するため、医療機器に対する安全対策の充実と、臨床工学技士の医療技術、資質の向上を推進したいと考えています。

 

 (更新年月日 平成27年9月14日) 

  • 患者相談室
  • 診療科のご案内
  • 各部門のご案内

▲上に戻る