岩手県立大船渡病院

文字サイズ:
0192-26-1111
〒022-8512 岩手県大船渡市大船渡町字山馬越10-1

部門のご紹介

※科によって異なる場合があります。
 詳細は診療のご案内をご覧ください。

医療関係者の方へ
病院のご案内
臨床研修 採用情報
岩手県立大船渡病院
〒022-8512
岩手県大船渡市大船渡町字山馬越10番地1
TEL 0192-26-1111(代表)
FAX 0192-27-9285
HOME » 看護科 » 4階西病棟

4階西病棟

診療科

外科、整形外科、形成外科

病床数

56床

看護職員数

32名

 

 4階西病棟は、平成27年度の病棟目標に「高齢入院患者・家族が納得する退院支援」を掲げ、早期退院を勧めます。患者の安全な療養生活・気持ちよく業務が行われるような環境作りに努めます。当病棟の患者さんは、手術、化学療法、放射線療法、緩和ケアの方が多く、手術前・手術後の検査や処置、また、化学療法・放射線療法等の治療や看護ケアについての十分な説明を行い、患者・家族とより良いコミュニケーションを図り、思いやりのある態度、笑顔で接することを心がけ、看護を行っております。

 

 では、病棟での様子をいくつかご紹介します。

 手術後は、早期回復を目指して、早期離床を目標に、身体に何本かの管類をつけた患者さんが、室内・廊下での歩行訓練を行います。その患者さんを励ましたり、頑張りに驚いたりと、看護師や医師の声が響いたり、賑やかな場面もしばしばみられます。頑張ろうとしている患者さんの支えになればと、明るく元気に接しています。また、女性の乳房切断、四肢の切断などは、患者さん自身の受けるダメージも大きく、その後のリハビリでは、精神的なサポートを心がけ実施しております。

 

  そのほかには、がんの患者さんの緩和ケアにも携わっております。緩和ケア認定看護師と連携し、身体の痛みをなくし、心の痛みのケアを行いながら、「少しでも自分らしさをうしなわずに」入院生活が送れるよう、温かい看護が提供できるよう努力しております。

 

  人工肛門を造設する患者さんは、皮膚・排泄ケア認定看護師と連携し、ストーマ造設患者さんの不安軽減、受容できるようサポートし、社会復帰に向けた退院指導を行っています。自分で自分のことができ、早期に自宅や職場に戻り、社会復帰できることを願い、スタッフ全員がいつも患者さんと共にあることを念頭に仕事をしております。

 

 (更新年月日 平成27年11月2日) 

  • 患者相談室
  • 診療科のご案内
  • 各部門のご案内

▲上に戻る