岩手県立大船渡病院

文字サイズ:
0192-26-1111
〒022-8512 岩手県大船渡市大船渡町字山馬越10-1

部門のご紹介

※科によって異なる場合があります。
 詳細は診療のご案内をご覧ください。

医療関係者の方へ
病院のご案内
臨床研修 採用情報
岩手県立大船渡病院
〒022-8512
岩手県大船渡市大船渡町字山馬越10番地1
TEL 0192-26-1111(代表)
FAX 0192-27-9285
HOME » 各部門のご紹介 » 患者総合支援センター

患者総合支援センター

患者総合支援センター長あいさつ

岩手県立大船渡病院統括副院長
患者総合支援センター長
渕向 透

 日本は世界に先駆け高齢者社会に突入しており、皆が安心して暮らせる地域作りが喫緊の課題となっています。医療・福祉・介護に関しては、地域医療構想、地域包括ケアシステムを実践していくことが求められていますが、地域の特性に応じた取り組みが必要となり、気仙地域でも現在進行中というのが実状です。

 このような時代からのニーズに対応していくため、平成29年4月より当院では患者総合支援センター「クローバー」を開設しました。クローバーが行う業務の柱は、入退院支援、患者相談、地域医療福祉連携、がん相談支援の4つで、看護師、社会福祉士、事務等専任のスタッフが配置されています。具体的な仕事は、当院の外来や入院治療を受ける際に必要となる事項の説明や同意書等の作成支援、利用できる社会保障制度など社会資源の紹介、地域の診療所、医療福祉介護施設との連携、がん患者さんの治療や生活のサポート等です。

 皆様が当院を利用しやすくなり、地域にある関係施設との架け橋となれることを目指しています。新しい部署であり、皆様からのご意見を聞きながら、お役に立てるようスタッフ一同頑張ります。よろしくお願い申し上げます。

 

患者総合支援センターとは

 岩手県立大船渡病院患者総合支援センターは、愛称の四つ葉のクローバーの葉のように、4つの機能(入退院支援、患者相談、地域医療福祉連携、がん相談支援)を持つ部署です。患者さん・ご家族が少しでも不安なく医療を受けられるよう連携し支援いたします。また、地域の医療・福祉連携を通して地域の皆さんが安心して生活していけるよう支援してまいります。

 

  • 患者相談室
  • 診療科のご案内
  • 各部門のご案内

▲上に戻る